借金地獄から抜け出すには。

借金地獄

借金を返しても返しても増えるばかり。
まさに借金地獄に陥る人は少なくありません。

どうすれば借金に追われる生活から抜け出すことができるのでしょうか?

家計を切り盛りすることです。
借金地獄の人の共通点はなんですか?
常に行き当たりばったりの生活をし、家計を大雑把にしか管理していないことです。

引き続き利子を払い続け、消費者金融を富ませたいのであれば、何もする必要はありません。
もし消費者金融への無駄な流出をしたくないなら、次の3つのうち一つ以上をはじめる必要があります。

1、生活費の詳細をすべて書き出す。
面白い作業ではありません。
しかしこれをしない限りは、決して、借金から抜け出せないといっても過言ではありません。
出費の明細から、自分と言う人間を知るのです。

2、 収入を増やす。
今の職場での時間外勤務を引き受けるたり、趣味を生かして家でも仕事をするなどできます。

3、 出費を減らす。安売りしていても,必要のないものは買わないようにしましょう。

消費者金融への利子地獄から抜け出すには上記の3つを始めましょう。

出身地、埼玉の親友が家族葬で逝く。

出身地、埼玉の親友が家族葬で逝く。

出身地の埼玉で長年親友として付き合っていた友人が亡くなりました。

当然悲しい気持ちに包まれているわけですが、その友人の妻によると故人の遺志を尊重して家族葬で送ってあげたいということでした。

弔問香典などを持参し、お別れを言おうと思っていたのでちょっとショックではありましたが、友人自身の気持ちと言われれば仕方ないですね。確かに派手なことを嫌うヤツではありましたので、家族だけで静かに葬儀を挙げられた方が本人にとって一番良いことだとは理解しています。

それにしても…。

親友が亡くなるというのは辛いものです。もちろん親族が亡くなるということも辛いのですが、ある意味で他人だったからこそ強い絆を感じられたと思っています。

小さな頃に出会って、かれこれ50年近くを友として付き合ってきたわけなので、それはそれでスゴイことだなと訃報を聞いて改めて感じています。

しばらくの間、友としての関係は中断するわけだけど、またアッチで出会い、友として付き合い始めるまで、どうか待っていてくれと―、そう伝えたいものです。

狭小住宅は工期が長くなる?

狭小住宅は工期が長くなる?

「狭小住宅」とはその名の通り狭い土地に住宅を建てること。
「狭い=小さい=工期が短い」と考える人がいるかもしれませんが、実際には一般の新築一戸建てより工事がしにくい分、工期が長くなってしまうことのほうが多いようです。

この、工事がしにくいというのも、狭小住宅のデメリットの1つと言えるかもしれません。

狭小住宅に限らずどんな建物でも建てるとなると大きな工事車両が必要となります。
狭い土地を見つけて住宅を建てるわけですから、狭小住宅の場合には一般のそれより更に狭い土地に侵入しなければならないことが殆どです。

特に都心の便利の良い場所に建てるのが普通ですから、それだけ車両も進入しにくい区域になります。

また進入してしまえばそれでOKというわけではなく、その大きな工事車両を長期間駐車しておかなければなりません。

更に建築資材も運び入れなければなりませんし、完成までに必要な資材を置いておくスペースも必要となります。
狭い土地ではこれらの場所的な余裕がないわけです。

こうなると、車両や資材は少し離れた場所に置いて、そこから人手で運んでこなければなりません。
当然それだけ時間的なロスが発生し、余分にかかる日数分だけ工事費がかさんでしまうことになるわけです。

従って、狭小住宅を建てる際には工事に着工する前の設計の段階でしっかりした打ち合わせが必要となるでしょう。

命の喜びを実感する看護師という職業

命の喜びを実感する看護師という職業

 

看護師というのは看護医療の中でも特に患者さんと、直接的にそして長い時間をともにするため、大変ではありますが、命の喜びを実感できる職業として人気があります。

それでは、ここで感動のエピソードをご紹介しましょう。
患者さんにいわれた何気ない一言です。
「あなたの笑顔をみていると、元気になる」看護師になりたてのころ、右の左もわからない状態で、失敗しては先輩看護師に怒られ、落ち込むといった日々の勤務の中、この言葉によって大変救われました。

退院する際、患者さんに「あなたのお陰で元気になれた」と泣きながら頭をさげてお礼を言われて、本当に一生懸命お世話してよかったと心から思い、とても温かい気持ちがこみ上げてきました。

看護師という職業は、大切な命というものをあつかう看護医療です。
悲しみも多いかもしれませんが、喜びも多いことに間違いはありません。

看護医療の場では、毎日が真剣勝負といってもいいでしょう。
「人のためになりたい」「人を助けたい」という強い気持ちがある方ならば、きっと試験に突破できます。
がんばってください。