狭小住宅は工期が長くなる?

狭小住宅は工期が長くなる?

「狭小住宅」とはその名の通り狭い土地に住宅を建てること。
「狭い=小さい=工期が短い」と考える人がいるかもしれませんが、実際には一般の新築一戸建てより工事がしにくい分、工期が長くなってしまうことのほうが多いようです。

この、工事がしにくいというのも、狭小住宅のデメリットの1つと言えるかもしれません。

狭小住宅に限らずどんな建物でも建てるとなると大きな工事車両が必要となります。
狭い土地を見つけて住宅を建てるわけですから、狭小住宅の場合には一般のそれより更に狭い土地に侵入しなければならないことが殆どです。

特に都心の便利の良い場所に建てるのが普通ですから、それだけ車両も進入しにくい区域になります。

また進入してしまえばそれでOKというわけではなく、その大きな工事車両を長期間駐車しておかなければなりません。

更に建築資材も運び入れなければなりませんし、完成までに必要な資材を置いておくスペースも必要となります。
狭い土地ではこれらの場所的な余裕がないわけです。

こうなると、車両や資材は少し離れた場所に置いて、そこから人手で運んでこなければなりません。
当然それだけ時間的なロスが発生し、余分にかかる日数分だけ工事費がかさんでしまうことになるわけです。

従って、狭小住宅を建てる際には工事に着工する前の設計の段階でしっかりした打ち合わせが必要となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です